7月の頭蓋骨リリース「ビフォーアフター モニター募集(1人)」はこちら

頭蓋骨を含む全身200の骨と内臓を整える『全身ファシアリリース』で心身の調和を取り戻す。

ファシア(fascia)とは

ファシアとは、私たちの体を構成するすべてのものを包む膜で、全身に広がり、頭の先から足の先まで体内に立体的に広がって網の目状になっている結合組織のことです。

このファシアは、全身の隙間という隙間に入り込み、さまざまな器官をつなぎ結びつけるネットワークの役割を果たしています。

一般的に、ファシアは筋膜と同じものと思われがちですが、実際には筋膜はファシアの一種です。
筋肉を覆っているのは筋膜、脳や脊髄の周りを覆っているのは髄膜、骨をおおっているのは骨膜、心臓を覆っているのは心膜、腹腔の内膜は腹膜といった感じで、それぞれの膜の名前や働きは違いますが、これら膜を総じて「ファシア」と呼ばれています。

私たちの体は個々の器官が別々に存在するのではなく、これらファシアというつなぎ役のおかげで一体化しています。私たちが人間の形を保てるのは、すべてファシアの働きによるものです。

ファシアは体の器官をまとめ形作るだけでなく、循環系やリンパ系の毛細血管やリンパ管、神経も支えています。

ファシアは、体のインフラ(基盤)といってもよいでしょう。

このファシアは非常に重要な役割を果たしており、最近では医療の現場でも注目されています。
ファシアをケアすることで、さまざまな体の不調を解消する効果がある、その可能性に注目されています。
ファシアについての知識を深め、ケアしていくことが、健康な体を維持するために不可欠といえます。

ファシアリリース(筋膜リリース)とは

筋膜リリース
出典「痛みとこりがラクになる 筋膜リリース」滝澤 幸一 (著)

ファシアリリースの目的は、ファシアのねじれや縮み、固まりを元に戻すことで、全身の緊張やこわばりをほどき、心身をリラックスさせることです。

全身の組織(筋肉、骨、内臓、神経、血管など)を結合しているファシアがゆるむと、血流やリンパの流れ、副交感神経、に良い影響をあたえます。

ファシアリリースは、施術者の手や腕をつかって、体中四方八方に交差している筋膜のねじれや固まりを一定方向だけでなく、さまざまな方向へ解きほぐしていきます。

無理にはがすようなやり方や強い痛みを伴うやり方ではなく、浅いところのファシアや深いところのファシアに応じて、時間をかけてやさしくてしっかりとした圧をかけて、ゆっくりと解きほぐしていきます。

全身ファシアリリースの対象

頭蓋骨を含む全身の骨格(200の骨)を調和します。

頭蓋骨を調和します。

頭部の骨は、側頭骨、後頭骨、頭頂骨、前頭骨、篩骨、蝶形骨があります。

顔面の骨は、頬骨、涙骨、鼻骨、下鼻甲介、口蓋骨、鋤骨、上顎骨、下顎骨があります。

骨格約180個の骨を調和します。

体幹の骨格は51個の骨があり、頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙骨、尾骨、胸郭(胸骨、肋骨)25個からなります。

上肢の骨格は64個の骨があり、鎖骨、肩甲骨、上腕骨、橈骨、尺骨、手根骨(大菱形骨、小菱形骨、有頭骨、有鈎骨、舟状骨、月状骨、三角骨、豆状骨)、中手骨、指骨からなります。

下肢の骨格は62個の骨があり、寛骨(腸骨、恥骨、座骨)、大腿骨、膝蓋骨、脛骨、腓骨、足根骨(外側楔状骨、中間楔状骨、内側楔状骨、舟状骨、立方骨、距骨、踵骨)、中足骨、趾骨からなります。

胸部および腹部(内臓)を調和します。

胸部および腹部内臓を調和します。

胸部には、肺、心臓があります。

腹部には、胃、小腸、大腸、脾臓、肝臓、胆嚢、腎臓、膀胱があります。

女性の骨盤部内臓を調和します。

卵巣、子宮があります。

ファシアリリースの期待される効果

さまざまな器官系の機能向上が期待されます。

人体はいろいろな構造が組み合わせって構成されており、特定の機能にまとめられた器官群を、”器官系”と呼びます。

ファシアは、それら器官系を支持し、保護するインフラ(基盤)の役割を果たしています。

さまざまな器官系のインフラであるファシアをリリースすることで、心身の調和が促進されます。

筋系、骨格系、呼吸器系、神経系、内分泌系、心臓血管系、リンパ系、消化器系、泌尿器系、婦人科系の機能向上が促されます。

筋系は、骨格筋、腱、筋膜で構成されています。

『全身ファシアリリース』で滑らかな筋肉の動きや運動の向上が期待されます。

骨格系は、骨、関節、軟骨で構成されています。

『全身ファシアリリース』で、ナチュラルな姿勢や関節の動きが期待されます。

呼吸器系は、頭部にある鼻腔、頚部にある咽頭、胸部にある気管や気管支、肺で構成されています。

『全身ファシアリリース』で、呼吸動作やガス交換の向上が期待されます。

神経系は、中枢神経系(脳や脊髄)や末梢神経系、自律神経系で構成されています。

『全身ファシアリリース』で、身体活動の制御機能や統合機能、環境変化時の対応機能の向上が期待されます。

内分泌系は、視床下部、下垂体、松果体、甲状腺、胸腺、膵臓、副腎、性腺で構成されています。

『全身ファシアリリース』で、ホルモンバランスや身体の恒常性機能の向上が期待されます。

心臓血管系は、心臓や血管(動脈や静脈、毛細血管)で構成されています。

『全身ファシアリリース』で、血液の循環機能の向上が期待されます。

リンパ系は、扁桃腺、胸腺、脾臓、リンパ管、胸管、リンパ節で構成されています。

『全身ファシアリリース』で、免疫機能の向上が期待されます。

感覚器系は、眼球、耳、鼻、舌、皮膚で構成されています。

『全身ファシアリリース』で、視覚、聴覚、嗅覚、触覚などの感覚の知覚機能の向上が期待されます。

消化器系は、口腔、咽頭、食道、胃、小腸、大腸、肝臓、膵臓、胆嚢で構成されています。

『全身ファシアリリース』で、食べ物や水分の分解・吸収の機能向上が期待されます。

泌尿器系は、腎臓、尿管、膀胱、尿道で構成されています。

『全身ファシアリリース』で、尿の貯留と排泄機能の向上が期待されます。

婦人科系は、卵巣、卵管、子宮(膣)で構成されています。

『全身ファシアリリース』で、ホルモンバランスの機能の向上が期待されます。

      

さまざまな不調の軽減や改善が期待されます。

痛みやこり、疲労感の軽減

血流の流れが回復し、必要な栄養素や酸素、老廃物の排出がスムーズとなり、痛みや不調、疲労感から解放されていきます。

姿勢の改善

ファシアの癒着を解放すると、頭蓋骨や背骨、肩甲骨、手、骨盤や足のバランスが良くなり、本来の姿勢や体型を取り戻せます。

動きの改善

ファシアは、体中の器官を連結して、体が連続体として動けるようにネットワークとして機能しているので、ファシアリリースすると、なめらかに、そしてしなやかに動けるようになります。

関節の可動域改善

関節の動きの制限が解放され、可動域が広がります。

自律神経の軽減

ファシアをリリースすると、血管がゆるみ、神経もゆるみ、副交感神経の働きが良くなり、心身をリラックスさせてくれます。